現在位置: ホーム > 腕時計の基礎知識&新入荷情報 > 「美術手帖」がリニューアル。ブルガリコピー6月号は「アートと人類学」特集
「美術手帖」がリニューアル。ブルガリコピー6月号は「アートと人類学」特集
ブランドコピー専門通販店! / 2018-05-08
「美術手帖」がリニューアル。ブルガリコピー6月号は「アートと人類学」特集



創刊70周年を迎えた「美術手帖」は、5月7日(月)発売の2018年6月号から隔月発行に移行し、電子版の販売も開始。

リニューアル第1号となる6月号は、「アートと人類学」を特集する。

人間存在にまつわるあらゆる事象について探究する学問、人類学。

観察参与という手法や、体験に重きを置くその思考方法は、ときにアーティストたちにも影響を与えてきた。

そして人類学もまた、美術の手法に学び、表現の営みについて考察してきた歴史を持つ。

本特集では、フィールドワークによる作品から研究機関でのプロジェクトまで、ブルガリスーパーコピー美術と人類学のクロスポイントにある実践の数々を取り上げる。

巻頭座談会では、写真家・映像人類学者で「あいちトリエンナーレ2016」の芸術監督を務めた港千尋、世界中の教会の献金箱や、戦時中に製造された陶器製手榴弾などについてのリサーチを行い、作品を制作してきたアーティストの笠原恵実子、映像人類学者としてアーティストとの協働も積極的に行う川瀬慈が、「イメージ」の扱い方をテーマに、それぞれ異なる立場から語り合う。


Part1では、人類学的思想と交差するアーティストやキュレーターの実践を紹介。

アーティストの下道基行が、フィールドワークにより制作された「torii」や「戦争のかたち」シリーズの制作プロセスを語るインタビューのほか、ともに狩猟をテーマとする人類学者の山口未花子とアーティストの井上亜美、人類学の分野でも活動する若手キュレーターの上妻世海が登場する。

また、「人類学的思考」をもとに制作を行う国内外の作家解説や、1989年の「大地の魔術師たち」展に始まる、キュレーターたちの実践を振り返る企画も。