現在位置: ホーム > 腕時計の基礎知識&新入荷情報 > ウブロコピークラシック・フュージョン躍進! 技術・デザイン完備の完全時計を目指す
ウブロコピークラシック・フュージョン躍進! 技術・デザイン完備の完全時計を目指す
ブランドコピー専門通販店! / 2018-04-12
ウブロコピークラシック・フュージョン躍進! 技術・デザイン完備の完全時計を目指す


 2018年1月のジュネーブ展示会では、61型もの新作を発表したウブロスーパーコピー(HUBLOT)。ちなみに毎年1月と3月(バーゼルワールド)に新作発表会を開催する時計ブランドは彼らの他にも存在するが、1月だけでこれほどの型数の新作を発表するのはウブロだけであろう。それほど世界が求めているという証である。


 1月は一般的なコマーシャルモデル、3月は目玉となるサプライズモデルを用意するのを慣例とするのがウブロの戦略。最近の彼らの展開を要約すると、主要3コレクションを軸として、コラボレーション・モデルで脇をしっかり固める戦略と見て取れる。


 主要3コレクションとは、まず自社開発ムーブメント“ウニコ(UNICO)”搭載モデルも揃える「ビッグ・バン(BIG BANG)」、急成長ぶりが著しい「クラシック・フュージョン」、第3の波として注目される「スピリット オブ ビッグ・バン」である。


 特に1月の新作では「クラシック・フュージョン」の充実ぶりが際立った印象を残し、結果として当記事で紹介する8モデル中5モデルが「クラシック・フュージョン」に集中した。


 そしてコラボレーション・モデルの特徴は、パートナーブランドとの絆や相互理解の一様ではない深い関係が製品に表れている点である。フェラーリ・デザインセンターによる100%デザインの「テクフレーム フェラーリ(TECHFRAME )」、爆発的な売れ行きを証明した「クラシック・フュージョン」の“ベルルッティ(BERLUTI)”や“イタリア インディペンデント”シリーズ、あるいはアーティスト・シリーズなど、重層的なコラボレーション・モデルの布陣を敷いている。なお本年新作についての詳細は各ページをご覧頂きたい。


 これらのみならず、昨年発表された時計業界初となるブルーサファイア・ケースの製造方法の確立など、マジックゴールドに代表される新素材の開発にも余念がない。デザインやコラボレーションに留まらず、ムーブメントや素材等、時計の“核心部”にまで開発を行う点など、恐るべきブランドである。


 さて、2018年はFIFAワールドカップ ロシアの年。2010年より同大会のオフィシャルタイムキーパーを務めるウブロは、次回3月のバーゼルワールドでどのようなサプライズモデルを発表するのか? その答えは目の前に迫ってきている。