現在位置: ホーム > マフラーの基礎知識&新入荷情報 > 「個」とブルガリスーパーコピー「集合体」で表現した“シェア”するジュエリー|JAM HOME MADE
「個」とブルガリスーパーコピー「集合体」で表現した“シェア”するジュエリー|JAM HOME MADE
ブランドコピー専門通販店! / 2017-05-08
「個」とブルガリスーパーコピー「集合体」で表現した“シェア”するジュエリー|JAM HOME MADE




JAM HOME MADE|ジャムホームメイド
“共有”するというジュエリーの新たなかたち


JAM HOME MADE(ジャムホームメイド)の新作ブルガリスーパーコピージュエリー は、シルバーとゴールドを加工したネックトップを組み合わせた3520個のパーツからなる”共有”するアクセサリーだ。元々は“一つの作品”を世界中の人々と“シェア”するという価値を「個」と「集合体」の関係性で表現し、ジュエリーの新たな価値感を生み出した。


“パルサー図”をシルバーとゴールドを使用し実体化


日常に溢れかえる“シェア”という行為。食卓で普段何気なく家族を使っている醤油、通勤電車の7人掛けの座席、エレベーター、SNS。空気や水、太陽など一つのものを共有している。


今回ジャム ホーム メイド)が提案するのは、“シェア=共有”するジュエリーだ。


コレクションテーマ「ポストパンク」を代表するイギリスのバンド、のアルバムをオマージュしたジュエリーをリリースした。


同アルバムのジャケットに描かれた神秘的なモチーフのパルサー図をシルバー925と18金のイエローゴールドを用いて3520のピースのパーツに分解し、手作業で全てを組み合わせた立体作品だ。


パルサー図とは、秒あるいはミリ秒単位の短い周期で放射されるパルス状の電波を図形化したもの。ジャケットに描かれているのは、1900年に発見された惑星「CP1919」のパルサーをグラフィックデザイナーのピーター・サヴィル氏がデザインとして引用したものだ。


分解により独立したパーツは異なるかたちのネックトップへと姿を変え、元々は“一つの作品”を世界中の人々と“シェア”するという価値を「個」と「集合体」の関係性で表現した。


個々のパーツには、1から3520までのシリアルナンバーと「JAM」の文字が刻印されている。刻印は一文字ずつ手打ちするため、同じものはひとつとして無いユニークピースだ。


手作業による独特の風合い、そして“シェア”するという現代的価値を実体化した新たなジュエリーといえる。