現在位置: ホーム > ベルトの基礎知識&新入荷情報 > 谷川俊太郎の展覧会が開催、エルメススーパーコピーや中村勇吾とのコラボも展開
谷川俊太郎の展覧会が開催、エルメススーパーコピーや中村勇吾とのコラボも展開
ブランドコピー専門通販店! / 2017-12-16
谷川俊太郎の展覧会が開催、エルメススーパーコピーや中村勇吾とのコラボも展開





 詩人として活動する谷川俊太郎の展覧会「エルメススーパーコピー」が、2018年1月13日から3月25日まで東京オペラシティアートギャラリーで開催される。


 谷川俊太郎は「鉄腕アトム」の主題歌をはじめ、「マザーグースのうた」や「ピーナッツ」の翻訳、市川崑監督作品「東京オリンピック」の脚本など幅広い仕事で詩と言葉の可能性を広げてきた。同展では、谷川が影響を受けた音楽やもの、家族写真、大切な人たちとの書簡、ラジオのコレクションなどを選りすぐりの詩作品とともに展示し、谷川俊太郎像を見つめ直す。ナナロク社が企画協力し、会場グラフィックは大島依提亜、会場構成は五十嵐瑠衣が手掛ける。
 始まりはコーネリアスの小山田圭吾の音楽とインターフェイスデザイナー中村勇吾の映像とコラボレーションした詩の空間を展開。谷川が1986年に出版した「33の質問」をもとにした「3.3の質問」では、当初の33の質問から谷川が選んだ3問に「0.3の質問」を加えたものを各界で活躍する人々に投げかけ、その返答を作品として展示する。