現在位置: ホーム > ベルトの基礎知識&新入荷情報 > パルコが新屋号「パルコヤ」で"ちょっと大人"にアプローチ、ブルガリスーパーコピー全68テナント発表
パルコが新屋号「パルコヤ」で"ちょっと大人"にアプローチ、ブルガリスーパーコピー全68テナント発表
ブランドコピー専門通販店! / 2017-09-15
パルコが新屋号「パルコヤ」で"ちょっと大人"にアプローチ、ブルガリスーパーコピー全68テナント発表




 パルコが11月4日、上野御徒町エリアに開業する複合ビル「上野フロンティアタワー」1階〜6階に、新しい屋号の商業施設「パルコヤ」をオープンする。PARCOとして東京23区内に新店舗を出店するのは1973年のオープン以来44年ぶり。「ちょっと上の、おとなの、パルコ。」をキャッチコピーに掲げ、30〜50代の団塊ジュニア世代など新しい客層の獲得を目指す。


 新規出店するパルコヤの1階には「ディーン&ブルガリスーパーコピーデルーカ カフェ」や、料理の鉄人として著名な黒木氏が手掛ける日本料理屋「くろぎ」の新業態「廚 くろぎ」が出店。「廚  くろぎ」の内装は建築家の隈研吾が設計し深夜2時までのバー営業も行う予定。2階〜5階はファッションと雑貨をテーマに「ディーゼル」や「セオリー」「マーガレット・ハウエル」など、メンズ・ウィメンズブランドをそろえる。また各フロアには、カフェを配置するなどコミュニケーションの場を配置。3階・6階は松坂屋上野店本館と連絡通路で繋がり、6階のレストランフロア「口福回廊(こうふくかいろう)」では、「うえの やぶそば」、「上野 焼肉 陽山道」など地元で愛される人気店舗が初めてビルイン出店する。