現在位置: ホーム > ベルトの基礎知識&新入荷情報 > パスザバトンのシンボルマーク“バトンを渡す手と手”を模した碌山ブランドスーパーコピーのリングが登場
パスザバトンのシンボルマーク“バトンを渡す手と手”を模した碌山ブランドスーパーコピーのリングが登場
ブランドコピー専門通販店! / 2017-08-08
パスザバトンのシンボルマーク“バトンを渡す手と手”を模した碌山ブランドスーパーコピーのリングが登場



世界に1枚だけのラグに出会える、パスザバトン表参道店にイランの旅で見つけたトライバルラグが集まる
小さくて、可愛くて、特別な魅力が詰まったアイテムがパスザバトンギャラリーに集結
パスザバトンでhumの試作品を仕立て直した「半人前品 PART2」が開催
パスザバトン京都祇園店のオープンブランドスーパーコピー周年を記念し、ジュエリーを制作している碌山とコラボレーションした特別なリングが発売される。


碌山は、ヴィクトリア時代に流行したアンティークジュエリーをデザインモチーフとし、「今着けて美しく、100年後にはアンティークジュエリーとして残るようなアクセサリー創り」を信念にジュエリー作りを行っている会社。


今回発売されるのは、18世紀後期から19世紀初期の「フェデ・リング」からインスピレーションを得て、パスザバトンのシンボルマークである“バトンを渡す手と手”をデザインしたギミックリング。「フェデ」とはラテン語源で誠実・信頼を意味するそうだ。


真ん中のリング中央には、アクアマリンやアメジスト、アンダリューサイト、イエローベリル、オニキス、カイヤナイト、グリーンガーネット、シトリン、ピンクトルマリン、ブルージルコン、ペリドット、ホワイトトパーズ、ルビー、ローズクォーツなど碌山のデッドストックの天然石があしらわれている。


タイプは、「フェデリング」と「スタックリング」の2種。8月10日からパスザバトン京都祇園店で先行発売され、17日からは丸の内店・表参道店・オンラインショップでも販売がスタートする。