現在位置: ホーム > ベルトの基礎知識&新入荷情報 > 明治から続く“蒔絵・漆”の手技をジュエリーに。スーパーコピーブランドクラシック・コーがエキシビジョンを開催
明治から続く“蒔絵・漆”の手技をジュエリーに。スーパーコピーブランドクラシック・コーがエキシビジョンを開催
ブランドコピー専門通販店! / 2017-05-15
明治から続く“蒔絵・漆”の手技をジュエリーに。スーパーコピーブランドクラシック・コーがエキシビジョンを開催



クラシック・コーが南青山でエキシビジョンを開催クラシック・コーが南青山でエキシビジョンを開催クラシック・コーが南青山でエキシビジョンを開催クラシック・コーが南青山でエキシビジョンを開催クラシック・コーが南青山でエキシビジョンを開催(M)、から)オーダーメイドD
ジュエリー 特別編集
ニコライ バーグマン初のジュエリーブランド。植物の世界をテーマに表現
ティファニーがブルー ブック コレクションを発表。スーパーコピーブランドでの記念パーティーに森星やNAOTOら豪華ゲストが来場
身近でお世話になっている “心の母”へ感謝の思いを伝える、新しい母の日を提案
石川・山中の萌絵ジュエリーブランドであるクラシック・コーが5月15日から21日まで、東京・南青山のショウケース(スパイラル1階)にてエキシビジョンを開催する。


日本独自の技法として奈良時代から発展してきた萌絵を1894年の創立以来120年余り作り、伝えてきた大下香仙工房が展開するジュエリーブランドであるクラシック・コーは、その装飾技術である“萌絵・漆”の手技を駆使しながらも、現代の感性で継がれる独自のミックス感覚を持つ美しさを表現する。


同エキシビジョンでは「装飾の森」をテーマに、金・銀といった金属粉や色粉を用いた萌絵技法や、夜光貝などを切り透かした貝片をちりばめる螺鈿など職人が一点一点つくりあげたイヤリング、ネックレス、ブローチなどを、その背景と一緒に紹介していく。