現在位置: ホーム > バッグの基礎知識&新入荷情報 > ミシュランスター、シャネルスーパーコピージョエル・ロブションの逝去に著名シェフたちが追悼コメント
ミシュランスター、シャネルスーパーコピージョエル・ロブションの逝去に著名シェフたちが追悼コメント
ブランドコピー専門通販店! / 2018-08-08
ミシュランスター、シャネルスーパーコピージョエル・ロブションの逝去に著名シェフたちが追悼コメント




がんで闘病していた世界的に有名な「フレンチの神様」、シャネルスーパーコピージョエル・ロブション氏が2018年8月6日(現地時間)に亡くなった。73歳だった。
米「CNN」によると、ロブション氏はパリ、モナコ、香港、ラスベガス、東京、バンコクなどにレストランを展開。数あるメニューの中でも「じゃがいものピュレ」は絶品と評判だった。(作る時は、じゃがいもが熱いうちに冷たいバターを加えるのがポイント)
他にも「ラングスティーヌ(ヨーロッパアカザエビ)とトリュフのラビオリ」や、「ピジョンとフォアグラのキャベツ包み」といったシグネチャーメニューもあると英「BBC」は報じているが、ロブション氏自身は脂質制限をしていて、27キロのダイエットにも成功している。
 
若手の育成にも力を注いでいたロブション氏は、短気で怒りっぽい一面もあり、若かりし頃のゴードン・ラムゼイにお皿を投げつけたというエピソードも。そのことについてロブション氏は、「ゴードンは才能に満ち溢れているにも関わらず、彼の態度はいつも、なんというか扱いにくかった。私の要求が多いから、料理を作り終わるたびに、フライパンをストーブに投げつけ、仕事を辞めると脅してきたんだ」と英『テレグラフ』紙にコメント。さらに「1回だけ、ものすごく頭にきたから、彼にお皿を投げたことがある。でも人にお皿を投げたのはその1回だけ」と語っていた。


とはいえ、イギリスを代表する3つ星シェフとなったゴードンとロブション氏の間に確執はないようで、ゴードンは自身のインスタグラムにロブション氏との2ショットをアップし、追悼メッセージを贈った。「世界で最もミシュランスターを獲得した、ミシュランのゴッドファーザーを失った。僕たちが気を抜かないよう、彼はいつも見張ってくれていた。僕たちが寝ている間もね! ありがとう、シェフ。安らかな眠りを」